川崎重工/日本郵船出資会社へ17.7万m3型LNG運搬船引渡し

2019年02月15日 

川崎重工業は2月15日、JERAと日本郵船の共同出資会社Trans Pacific Shipping 7 Limited向けの17万7000m3型LNG運搬船「SHINSHU MARU」の引き渡しを完了した。

<SHINSHU MARU>
SHINSHU MARU

SHINSHU MARUは、川崎重工が建造した新パナマックス型LNG運搬船の第2番船で、JERAが米国フリーポートLNGプロジェクトで調達するLNGの輸送などに投入される予定。

世界の主要なLNGターミナルへ入港できる従来船の船体寸法を維持しつつ、カーゴタンクを大型化し、LNG積載量を増加させることで、LNG輸送コストの削減と船主の多様なLNGトレードに柔軟に対応可能とした。

さらに、船体構造の最適化による船体重量の軽量化や、船体形状の最適化、2機2軸推進方式の採用によって、推進性能を最大化。また、DFD(Dual Fuel Diesel)電気推進システムを搭載し、低速域から高速域の幅広い船速域で優れた燃費性能を発揮する。

■SHINSHU MARUの主要目
全長:299.90m
長さ(垂線間長):286.00m
幅(型):48.90m
深さ(型):27.00m
満載喫水(型):11.80m
総トン数:13万5951トン
載貨重量:8万2287トン
貨物タンク容積:17万7277m3(-163度、100%時)
主推進機関:推進モーター×2基、減速機×2基
航海速力:19.5ノット
乗船定員:38名
船級:日本海事協会(NK)
船籍:バハマ

最新ニュース