プロロジス/茨城県つくば市で11万m2のZOZO専用物流施設建設

2019年02月15日 

プロロジスは2月15日、茨城県つくば市にファッション通販サイト「ZOZOTOWN」を運営するZOZOの専用(BTS型)物流施設「プロロジスパークつくば2」を建設すると発表した。

<プロロジスパークつくば2完成イメージ>
プロロジスパークつくば2完成イメージ

施設は地上4階建て延床面積11万m2で、7月の着工、2020年9月末の竣工を予定している。

1・3・4階に合計90台のトラックバースを設け、ダブルランプウェイによって大型車両が直接上階にアクセス可能な設計を採用。

敷地内の車両動線はワンウェイとし安全性に配慮するほか、将来的な庫内オペレーションの自動化の可能性も考慮し、ワンフロア最大2万6000m2を確保する。

館内ではLED照明に加え、プロロジスが開発に携わった高天井用人感 センサー付きLEDベースライトを倉庫部分に導入し、環境負荷軽減を図るとともに、入居カスタマーの電気使用量削減に寄与する。

また、多くのパート・アルバイトスタッフが働くことを想定し、館内にカフェテリアや売店を設置するとともに、全館に空調を採用するなど、快適な作業環境を提供する。

そのほか、ECオペレーションに適した仕様やマテハン導入を想定した設計、デザイン性を重視した内装など、カスタマーニーズに沿った設計を採用する予定。

建設地は、圏央道「つくば中央」ICから8.0km、常磐道「土浦北」ICから8.5km、「谷田部」ICから13㎞に位置。北関東方面への配送に加え、都心や仙台方面へのアクセス性も高く、圏央道によって都心部を経由せずに東西広域や東日本全域をカバーできる。

加えて、開発地周辺は現役世代人口が多く雇用確保に有利な環境で、つくばエクスプレス「つくば」駅から3.5kmと利便性の高い立地となっている。

<ZOZOの専用施設として稼働中のプロロジスパークつくば1-A>
ZOZOの専用施設として稼働中のプロロジスパークつくば1-A

ZOZOは、物流拠点「ZOZOBASE」として、2012年から1棟借りしているプロロジスパーク習志野4をはじめ、プロロジスパーク千葉ニュータウンやプロロジスパーク習志野3、つくば市内でBTS型物流施設として稼働中のプロロジスパークつくば1-A、プロロジスつくば1-B(9月竣工予定)で賃貸借契約を締結しているプロロジスのリピートカスタマー。

プロロジスパークつくば2の契約は、これまでの実績を通して施設クオリティや運営が評価されたことに加えて、プロロジスパークつくば1-Aでの雇用確保が順調に進み、同施設から6㎞のプロロジスパークつくば2も雇用に有利なエリアであると評価されたことによるもの。

ZOZOは、つくば市の3拠点を一体的に活用し、プロロジスパーク習志野4に次ぐ基幹拠点の形成を目指している。

■プロロジスパークつくば2の概要
所在地:茨城県つくば市さくらの森
敷地面積:4万9600m2
延床面積:11万800m2
構造:地上4階建 鉄骨造
着工予定:7月
竣工予定:2020年9月末

最新ニュース