オカムラ/オートストアの高パフォーマンスモデルを発売

2019年02月14日 

オカムラは2月14日、ロボットストレージシステム「AutoStore(オートストア)」の新シリーズである「Black Line(ブラックライン)」を発売したと発表した。

<AutoStoreの概要>
AutoStoreの概要

Black Lineは、24時間稼働など高いパフォーマンスを必要とする倉庫や物流施設に対応したモデル。

搬送ロボットやワークステーション、グリッドなどのモジュール製品をラインナップしており、従来の「Red Line(レッドライン)」のモジュールと組み合わせて使用することができる。

<ロボット「B1」>
ロボット「B1」

<バッテリーパックステーションでのバッテリー自動交換>
バッテリーパックステーションでのバッテリー自動交換

ロボット「B1」は、充電時にバッテリーごと充電済みの物と交換する自動交換方式を採用することで、24時間連続稼働を実現。

また、全てのホイールにモーターを内蔵したダイレクトドライブテクノロジーと、小型リチウムイオン電池を採用し軽量化したことで、Red Lineのロボット「R5」と比べて加速能力を75%、ロボット1台当たりの平均搬送能力を20%向上させた。

ワークステーション「リレーポート」は、入出庫口付近に次に出庫するビンを複数ためておく構造を採用し、最短1.5秒でビンの入れ替えを実現。1時間あたり最大650ビンの入出庫が可能で、従来のポート(コンベヤポート/カルーセルポート)に比べ、作業者のビン到着待ち時間を大きく削減した。

ビン(コンテナ)は、従来のLowタイプ(高さ220mm)とHiタイプ(高さ330mm)に加えて、新たにBlack Lineのみに対応した高さ425mmのタイプを今夏に発売する予定となっている。

最新ニュース