川崎汽船/豪州LNGプロジェクトの輸送船、直江津基地入港

2019年02月13日 

川崎汽船は2月13日、同社のLNG輸送船「OCEANIC BREEZE」が豪州・イクシスLNGプロジェクトで生産されたLNGを積載し、2月12日に国際石油開発帝石(INPEX)の直江津LNG基地に初入港したと発表した。

<直江津LNG基地に入港したOCEANIC BREEZE>
直江津LNG基地に入港したOCEANIC BREEZE

OCEANIC BREEZEは、川崎汽船とINPEX子会社のインペックス・シッピングとの共同出資会社Oceanic Breeze LNG Transport S.A.社が保有するLNG船。

INPEXがプロジェクトパートナーと豪州で操業するイクシスLNGプロジェクトで生産されるLNGのうち、INPEX引き取り分90万トンの輸送を手がける。

イクシスLNGプロジェクトは、日本企業が初めてオペレーターとして事業を推進する大型LNGプロジェクトで、生産されるLNG(年間890万トン)のうち7割が日本の買主に供給されるほか、LPG(年間165万トン)、コンデンセート(ピーク時日量10万バレル)も生産・出荷される。

同プロジェクトからのLNG初出荷(2018年10月)は、川崎汽船のLNG船「PACIFIC BREEZE」 が、LPGについても、2019年1月に同社の大型LPG船「GRACE RIVER」が輸送を担当。

コンデンセート輸送も川崎汽船のシンガポール法人が保有・運航するアフラマックスタンカーでの輸送が予定されており、イクシスLNGプロジェクトが生産・出荷するLNG・LPG・コンデンセートそれぞれの貨物に対し、川崎汽船のグループ船による輸送が見込まれている。

最新ニュース

物流用語集