ANAなど/佐賀空港で貨物コンテナ牽引車両の自動走行実験

2019年02月12日 

豊田自動織機とANAは2月12日、国内初となるトーイングトラクター(空港などで貨物を搭載したコンテナを牽引する車両)の自動走行テストを、佐賀空港で3月下旬に実施すると発表した。

<テストで使用するトーイングトラクター>
テストで使用するトーイングトラクター

<現行の有人タイプトーイングトラクターと牽引貨物>
現行の有人タイプトーイングトラクターと牽引貨物

実証期間は約2週間。豊田自動織機製のトーイングトラクターを使用し、ターミナルの手荷物仕分け場から航空機近傍までを想定した片道100mのルートを、運転手が随時、手動操作で介入できる条件付き自動走行で往復し、貨物を運搬する。

実験用車両には、周囲の状況や自車と目的地の位置を的確に認識し、安全で正確に走行するための技術として、2次元・3次元LiDARよる障害物検知と自動停止・回避機能、路面パターンマッチングとGPSによる自己位置推定・誘導機能を採用。

今回の自動走行テストを通してその性能を検証・改善し、2020年の実用化を目指す。

■豊田自動織機製トーイングトラクターの概要
寸法:全長2660㎜×全幅1180㎜×全高1911㎜
重量:5900kg
駆動方式:電動
最高牽引可能重量:1万5000kg
最高時速:21㎞

最新ニュース