JALグループ/グランドハンドリング業務にパワードウェアを導入

2019年02月12日 

JALグランドサービス(JGS)と、着用型ロボットを提供するATOUNは2月12日、空港グランドハンドリング業務の作業者の身体的負荷の軽減と生産性向上を目的に、ATOUNのパワードウェア「ATOUN MODEL Y」を20着導入し、羽田空港(10着)および成田空港(10着)で活用すると発表した。

<パワードウェアを装着しての作業風景>
パワードウェアを装着しての作業風景

「年齢や性別の力の差に左右されずに働けるパワーバリアレス社会の実現」を目指してパワードウェアの開発・普及に努めるATOUNと、その経営理念に共感したJGSは、社員の身体的負荷や蓄積の軽減、生産性向上に取り組んでいくとしている。

導入するパワードウェア「ATOUN MODEL Y」は、腰をサポートする着用型ロボットで、主に顧客の手荷物を取り扱うソーティング場でのベルトコンベアからコンテナへの積み込み作業や、上屋(うわや)と呼ばれる貨物倉庫内での貨物取り扱い時の作業での活用を想定している。実際に着用した作業者からの評価も高く、各地の空港への展開も検討している。

またJGSとATOUNは、空港グランドハンドリング業務のさらなる作業負担の軽減を目指し、実証実験の場の提供のみならず、共同開発も視野に入れて、パワードウェアの「腕のアシスト機能」開発にも取り組んでいく。今後は、最新テクノロジーの活用領域をさらに拡大させつつ、誰もが長期にわたって安心して働くことが出来る職場づくりを目指す。

最新ニュース