阪急阪神エクスプレス/東日本地区の通関拠点を統合

2019年02月08日 

阪急阪神エクスプレスは2月8日、東日本地区3か所の通関拠点を千葉県習志野市の新拠点に統合し、2月12日から業務を開始すると発表した。

統合するのは、千葉県芝山町の成田第二通関センター(芝山)と、東京都品川区の京浜通関センター(南品川)、横浜市の京浜通関センター(横浜)の3拠点。

千葉県習志野市の京成津田沼駅前に設けた新拠点に、一部管理部門も含め総勢130名が移動する。

通関拠点の統合は、通関業法改正と輸出入申告官署自由化のメリットを最大化する取り組みの一環。新年度には西日本地区でも拠点の統合を予定している。

■統合先の住所
千葉県習志野市津田沼5-12-4 京成津田沼駅前ビル3階-A

最新ニュース