三井倉庫HD/シンガポール現地法人がハラール認証取得

2019年02月08日 

三井倉庫ホールディングスは2月8日、三井倉庫のシンガポール現地法人であるMITSUI-SOKO(Singapore)が、シンガポールのハラール認証機関「シンガポールイスラーム評議会(The Majlis Ugama Islam Singapura、MUIS)」から倉庫保管のハラール認証を取得したと発表した。

MITSUI-SOKO(Singapore)が運営している倉庫の一部をハラール専用保管スペースとして区別し、ノンハラール品との混入・混在を起こさないよう倉庫ロケーションを整備。

さらに、認証機関指定の講習を修了した従業員が、定められた手順に従って業務を遂行することで、ハラール商品を扱う荷主が安心して預けられる保管サービスを提供可能にした。

近年、シンガポールではムスリム向け食品・製品を取り扱う企業が増加傾向にあり、原料や製品の物流過程にもハラール認証が要望される。

MITSUI-SOKO(Singapore)は、今回の認証取得によって、シンガポール国内にハラール認証の製造拠点を持つ荷主からの各種保管要望に対応するための体制を整備。

今後も将来的な新規案件などに備えて、柔軟に専用保管スペースを拡張できる体制を整えていくとしている。

最新ニュース