Shippio/ANA グループの国際航空貨物輸送プロセスの電子化・簡易化へ

2019年02月06日 

Shippio2月6日、OCS、ANA Cargoと共同で国際航空貨物輸送でのプロセスのデジタライゼーション及びデータの測定・分析・活用を目指した実証実験を行う事で合意し、検討を開始したと発表した。

<概要図>
概要図

<画面イメージ>
画面イメージ

Shippioがこれまで開発・提供してきたWebサービスを航空貨物に波及することで、航空貨物輸送の価格を迅速に把握し、最適な輸送手段の選択、及び輸送貨物の動静管理ができるツールの検証・提供を図る。

Shippio、OCS、ANA Cargoの3社は、実証実験を通し、国際物流の利便性・透明性を向上させ、あらゆる顧客に国際航空貨物輸送を容易に利用してもらえる仕組み作りを実現する、としている。

実証実験(STEP1)の具体的内容と目的は、Webによる航空貨物輸送の依頼・発注サービスの検証を行う。これは、誰もが貨物の輸送を依頼できるWeb上のプラットフォームを提供し、国際貨物輸送をどの輸送経路で誰に依頼すべきか分かり難いという課題を解決するもの。

国際航空貨物輸送のスピード見積りの検証では、従来、航空貨物輸送費用は、見積依頼の回答の待ち時間が長いという課題を解決するためのもの。

発送から到着まで同一のWebプラットフォームによる動静管理の検証では、正確な輸送スケジュールや貨物動静の適時管理が困難、 且つ一元管理が難しいという課題を解決することを目的としている。

実証実験開始は2018年度中を予定。

各社の役割は、ShippioがWeb上で国際物流の見積提供・発注を受付け、 海外へ貨物を輸送したい荷主様へ輸送サービスの提供。これまで海上輸送を中心に開発・提供してきた同社サービス知見の航空輸送への応用。

OCSは、Shippioのサービスを通じて荷主から依頼のあった海外向け航空貨物の発送手配(ドアtoドア)、ANA Cargoは、Shippioのサービスを経由し、OCSが発送手配した貨物の空港間輸送を手配する。

最新ニュース