Yper/日本郵便との共同実証実験で置き配バッグで再配達を61%削減

2019年02月06日 

Yper(イーパー)は2月6日、昨年12月に日本郵便と共同で実施した置き配バッグOKIPPA(オキッパ)の実証実験結果を公表し、OKIPPAバッグを活用することで、約61%の再配達の削減に成功したと発表した。

<日本郵便と共同実証実験>
日本郵便と共同実証実験

実証実験は、2018年12月の1か月間、東京都杉並区の1000世帯に置き配バッグOKIPPAを無料配布して、再配達の削減効果を検証したもの。

<OKIPPAの再配達削減率>
OKIPPAの再配達削減率

実証実験期間中にアンケート集計ベースで約6000個の宅配物が配送され、参加者の初回配送時不在率は51%だった。OKIPPAを設置したことで期間中の再配達率を最大61%削減することに成功した。期間中、いたずらや盗難等の問題は発生しなかった。4割近く再配達が残っている要因としては、お歳暮のシーズンで宅配ボックス預入不可の食料品が多かったことや、年末で大型の荷物が比較的多くなっていたことが挙げられる。

<通販サイトの利用頻度>
通販サイトの利用頻度

実証実験での初回配送時不在率51%は、国交省が発表している都内の再配達率16.4%と比較しても非常に高い数字となっているが、これには理由がある。実証実験参加者の通販サイト(ここでは主に物販)の利用頻度だが、総務省が調査している利用頻度に比べ、明らかに週1以上利用する通販ヘビーユーザーが多い。こうした通販ヘビーユーザーは、一般の消費者よりも年間で3~4倍ほど荷物を受け取る機会が多く、宅配ボックスのような受取り環境が整ってない場合、再配達を「量産する」存在 となっている。

今回、OKIPPAではこうした通販ヘビーユーザーにピンポイントでOKIPPAを配布することで、効率的に再配達の削減が行えることを実証できた、としている。

<満足度調査>
満足度調査

実証実験終了後のユーザー(N=700)と配送員(N=50)にOKIPPA利用の満足度調査では、ユーザーの過半数から80点以上と高い評価を得た。90点を付けた参加者の50代女性は「再配達を待たずに欲しいものが受け取れるのはとても便利」と回答。一方、50点を付けた30代女性は「認知度・所有率が高まった時は盗難などが発生するリスクが高まると思う。アイデアはとても良いと思うのでセキュリティ面の強化に今後期待したい」と、今後の改善点も確認できる機会となった。

また、配達を担当した社員の94%がOKIPPAの普及を望む結果となった。とても利用してほしいと回答した社員は「不在の頻度が高い顧客に再配達のことを気にせず荷物を届けることができた。配達途中にOKIPPAの配布を知った顧客から「自分も欲しい」というご要望がとても多かった」と、OKIPPAの利用が配送の効率化、業務負担の軽減につながることを確認できた。配送員視点での製品改善の余地も見つかり、今後の製品・サービスの改良に繋げる予定としている。

今後の予定では、2018年7月に実施した都内100世帯に引き続き、今回の1000世帯実証実験では再配達率を大幅に削減できることを確認できたことから、今年1年間で100万個のOKIPPA設置を目指す。100万個の設置によって、短期間で、国内の再配達率を現状の半分以下に削減できると見込んでいる。

なお、参加者の住居形態は、集合住宅55.0%、戸建45.0%と集合住宅と戸建住宅の両環境を同時に対象とした個人向け宅配ボックス実証実験としては過去最大規模となった。また、参加者の中心は30代~40代となり、その半数が共働きの世帯であった。

最新ニュース