JMU/1万4000TEU型省エネコンテナ船を引き渡し

2019年02月06日 

ジャパン マリン ユナイテッド(JMU)は2月1日、広島県呉市の呉事業所で建造していたBasho Ship Holding LLC向け1万4000TEU型省エネコンテナ船 「ONE GRUS(ワン グルース)」を引渡した。

<ONE GRUS(ワン グルース)>
ONE GRUS(ワン グルース)

この船は、ホールド内18列×11段、デッキ上20列×9段のコンテナを積載する事ができる。JFEスチールと共同開発した極厚高張力鋼「YP460」を採用するなどして、コンテナ積載能力を極限まで高めることで、高効率の輸送能力を実現した。

また、独自の省エネ装置であるSURF-BULB、ALV-Finなどの採用で高い省エネルギー性能を発揮し、EEDI(エネルギー効率設計指標)Phase3の基準を大幅に下回る数値となっている。主機関には高効率の電子制御エンジンを搭載しており、幅広い速力域で低燃費性能を発揮し、フレキシブルな運航を実現した。

■概要
主要寸法:全長約364.15m x 幅50.60m x 深さ29.50m x 夏季満載喫水15.79m
載貨重量:138,611トン
総トン数:146,694
主機関:DU-WinGD W9X82 ディーゼル機関1基
航海速力:22.5ノット
定員:30名
船級:NK
船籍:日本

最新ニュース