ニチレイ/4~12月の低温物流事業、売上高5.4%増、営業利益1.2%減

2019年02月05日 

ニチレイが2月5日に発表した2019年3月期第3四半期決算によると、低温物流事業の売上高は1528億1000万円(前年同期比5.4%増)、営業利益は93億9200万円(1.2%減)だった。

国内では、TC(通過型センター)事業において取扱いが拡大したことに加え、地域保管事業において大都市圏を中心に畜産品や冷凍食品の保管需要を着実に取り込んだことなどにより増収となった。

利益面では業務効率化や主に運送事業における適正料金の収受に努めるなか、荷役作業コストや電力料の上昇に加え、台風など自然災害の影響による一時的なコスト負担が生じたこともあり減益となった。

海外では、欧州地域はブラジル食肉不正問題によるチキン搬入量の減少や輸配送コストの上昇があったが、小売店向け輸送業務などの運送需要の着実な取り込みや輸入果汁の取扱拡大などにより増収・増益となった。

関連キーワード:

最新ニュース