シモハナ物流/3PL対応の鹿児島センター、2019年10月オープン

2019年02月04日 

シモハナ物流は2月1日、鹿児島市西別府町(大峯団地内)に「鹿児島センター」を建設、2019年10月にオープン(予定)すると発表した。

<鹿児島センター完成予想図>
鹿児島センター完成予想図

<各階構成図>
各階構成図

南九州エリアではグループ初となる3PL対応の「鹿児島センター」となる。鹿児島西ICから国道3号バイパス経由して、九州自動車道「鹿児島IC」2kmと抜群のアクセス性に優れた物流センターとなる。「鹿児島センター」の建設で、九州エリアを縦断する九州自動車道沿いに、小倉営業所・福岡第一・福岡第二・鳥栖IC・熊本営業所と、九州エリア南北を結ぶ物流ネットワークを網羅することとなる。

「鹿児島センター」は、多種多様の食品を取り扱う外食チェーン・コンビニエンスストア・スーパーマーケット・ディスカウントストア企業において最適な物流センターとなる。

また、シモハナ物流では、長年に渡り幅広い食品商材を取り扱っており、その厳しい食品管理の高い技術とノウハウは、食品商材を取り扱う企業より高い評価を得ている。

■概要
名称:鹿児島センター(10月稼働予定)
所在地:鹿児島県鹿児島市西別府町2941-51
事業内容:汎用型センター/外食向け業務用食材を中心とした3PL物流業務の運営
対応温度帯:常温・冷蔵・冷凍倉庫
延床面積:1111坪
 常温倉庫332坪・冷蔵倉庫567坪・冷凍倉庫74坪・事務所127坪
主要設備:ドッグシェルター16基

最新ニュース