川崎汽船/9.1万トン型石炭船「CORONA YOUTHFUL」を竣工

2019年02月01日 

川崎汽船は2月1日、大島造船所で9万1000トン型石炭船「CORONA YOUTHFUL」を竣工させた。

<CORONA YOUTHFUL>
CORONA YOUTHFUL

CORONA YOUTHFULには、「Advanced Flipper Fins(プロペラへの水流の最適化による推進効率の改善を目的としたプロペラ前方の船尾付加物)」や、「Rudder Fin(プロペラ後流に起因するエネルギーロスの軽減を目的としたプロペラ後方の船尾付加物)」を採用するなど、従来船以上に燃費を改善。

また、バラスト水処理装置を採用し、海洋生態系保護に配慮するなど、最新鋭の技術を導入している。

さらに、主機関の掃気の圧縮熱を熱源として発電するバイナリー発電システムを搭載。排熱エネルギーの一部を電力として回収することで、船内発電機エンジンの燃費削減を見込んでいる。

川崎汽船のポスト・パナマックス「コロナシリーズ」は、電力炭輸送に適した幅広浅喫水の石炭運搬船。CORONA YOUTHFULの就航で、コロナシリーズ船隊は20隻体制に拡大した。

■CORONA YOUTHFUL要目
全長:234.99m
型幅:43.00m
型深:18.40m
満載喫水:12.885m
載貨重量トン数:9万1861MT
総トン数:52.128t
純トン数:2万8945t
ホールド/ハッチ数:5/5

最新ニュース