ZMP/丸紅との合弁会社が成田空港で自動走行車両で実証実験

2019年02月01日 

ZMPは2月1日、1月28日~1月30日に実施した成田国際空港が運営する成田国際空港制限区域内での自動走行車両による実証実験の走行動画を公開した。

<成田国際空港制限区域内における 自動走行車両による実証実験動画>

実証実験では、丸紅グループであるスイスポートジャパンのグランドハンドリングスタッフの輸送を想定したルートを、ZMPが開発した自動走行車両で走行。この実証実験を通じて、環境やルールが公道とは異なる空港制限区域内での自動走行車両を利用する際の課題の確認やデータ収集を行っている。

サービス実証は、丸紅とZMPの合弁会社であるAIROが「空港制限区域内の自動走行に係る実証実験」の実施者として、この実証実験を実施し、ZMPが開発した自動運転車両RoboCar MiniVanを用い、自動走行車両による試験を行ったもの。

ZMPは、この実証実験の成果と課題を踏まえ、今後も成田国際空港制限区域内での自動走行技術の活用を推進していくとしている。

最新ニュース