ヤマタネ/4~12月の売上高0.4%増、営業利益24.5%増

2019年02月01日 

ヤマタネが2月1日に発表した2019年3月期第3四半期決算によると、売上高405億7100万円(前年同期比0.4%増)、営業利益43億6900万円(24.5%増)、経常利益42億3200万円(25.1%増)、親会社株主に帰属する四半期純利益24億700万円(12.2%増)となった。

物流部門では、緩やかな成長を続ける国内経済を背景に倉庫の保管残高が底堅く推移したことから売上高は159億4900万円(0.5%増)となった。

一方で営業利益は、荷役や運送関連の下払い費用の増加等により22億3600万円(6.0%減)となった。

通期は、売上高543億3000万円(1.3%増)、営業利益53億8000万円(16.6%増)、経常利益50億2000万円(15.9%増)、親会社株主に帰属する当期純利益29億9000万円(17.5%増)を見込んでいる。

最新ニュース