NTTロジスコ/大阪府茨木市に3.0万m2の新物流施設を開設

2019年01月31日 

NTTロジスコは1月31日、物流拠点の需要が高い関西内陸エリアでの拠点拡充を目的とし、2月1日大阪府茨木市に「茨木物流センター」を新たに開設したと発表した。

<センター外観>
センター外観

<センター内部>
センター内部

センターは、2019年1月末竣工の新築物件を賃借するもの。大阪北摂エリアに位置し、関西圏をはじめとした西日本エリアと東日本エリアをつなぐ交通アクセスに優れた物流拠点として活用する。

名神高速道路「茨木IC」に近接し、新名神高速道路「茨木千提寺IC」から約7kmの国道171号線沿いに立地しており、大阪国際空港・関西国際空港・大阪港・神戸港などあらゆる輸送モードに対応できる交通アクセスに優れた立地にある。

NTTロジスコ高槻物流センター(大阪府高槻市)から約6kmに位置し、一体的な運営を行うことにより顧客の荷量変動に柔軟に対応することが可能となる。

自動車10分圏内の生産年齢人口は約25.5万人と豊富な周辺人口により、従業員の雇用確保が見込める。

なお、従業員用の駐車スペースを50台以上確保。大手宅配会社の関西ハブ拠点が約1kmの距離にあり、関東・中部・関西の国内主要都市間のスピーディーな配送が可能だ。

■概要
延床面積:3万253m2
倉庫有効階高:5.5m
床荷重:1.5t/m2
搬送機器:荷物用エレベーター2基、垂直搬送機5基、ドックレベラー2基
その他:両面トラックバースで10tトラック22台が着車可能

最新ニュース