近畿圏の高速道路料金/今春から、新料金に移行

2019年01月29日 

西日本高速道路(NEXCO西日本)は1月28日、2019年4月1日以降から第二神明道路、第二神明道路北線が新たな料金に移行するほか、阪神高速8号京都線及び第二阪奈有料道路についてはNEXCO西日本が移管を受け、新たな料金に移行すると発表した。

<第二神明道路、第二神明道路北線路線図>
第二神明道路、第二神明道路北線路線図

第二神明道路、第二神明道路北線の通行料金について、高速自動車国道の大都市近郊区間の料金水準としつつ、当面、激変緩和措置として高速自動車国道の普通区間を目安とした料金水準とし、さらに上下限料金を設定。上限料金は480円・下限料金は110を設定する。

それによると、明石西→須磨(23.0km)は、現行320円が新料金では480円となる。長坂→須磨(7.5㎞)は現行210円が新料金では200円となる。また、玉津→大蔵谷(5.5㎞)の現行は無料だが、新料金では150円となる。明石西→大久保(4.7㎞)は現行110円だが、新料金でも110円となっている。

<阪神高速8号京都線路線図>
阪神高速8号京都線路線図

阪神高速道路が管理する阪神高速8号京都線のうち一部区間がNEXCO西日本に移管される。併せて、高速自動車国道の大都市近郊区間の料金水準を基本としつつ、当面、激変緩和措置として現行料金を上回らないように据え置き措置を講じる。

阪神高速8号京都線の移管後の名称は第二京阪道路。区間は、京都市伏見区深草中川原町(鴨川東IC)から京都市伏見区向島大黒(巨椋池本線料金所)までの7.4㎞。

料金は、巨椋池本線→城南宮南(3.4km)が現行460円が新料金では380円、 巨椋池本線→鴨川西(6.8km)は現行460円が新料金460円、鴨川東→山科(2.7km)が現行460円が無料となる。

<第二阪奈有料道路路線図>
第二阪奈有料道路路線図

大阪府道路公社と奈良県道路公社が管理する第二阪奈有料道路がNEXCO西日本に移管される。併せて、高速自動車国道の大都市近郊区間の料金水準を基本としつつ、当面、激変緩和措置として現行料金を上回らないように据え置き措置を講じる。

道路名は、現行名称が第二阪奈有料道路だが、移管後名称は第二阪奈道路となる。区間は、大阪府東大阪市西石切町(西石切IC)から奈良市宝来町(宝来IC)まで、延長13.4kmとなる。

料金は、 西石切→宝来(13.4km) が現行820円が新料金700円、小瀬→宝来(6.0km)の現行260円が260円に、 西石切→中町(10.5km)の現行820円が新料金600円となる。

■各路線の料金体系
https://corp.w-nexco.co.jp/corporate/release/hq/h31/0128/

最新ニュース