川崎重工/20万トン級の大型LNG燃料ばら積み運搬船を開発

2019年01月28日 

川崎重工は1月28日、LNG(液化天然ガス)を燃料とする20万トン級ばら積み運搬船の開発を完了したと発表した。

<20万トン級LNG燃料ばら積み運搬船(イメージ)>
20万トン級LNG燃料ばら積み運搬船(イメージ)

新型船は、船尾にある居住区域の後方にLNG燃料タンクを配置することで、貨物スペースを減少させることなく、油燃料の従来型船型と同規模の貨物スペースを確保。

また、二元燃料に対応した低速ディーセル機関を採用し、LNG使用時は排気ガス中の二酸化炭素(CO2)、窒素酸化物(NOx)、硫黄酸化物(SOx)、粒子状物質(PM)の排出量を大幅に削減可能で、EEDI(Energy Efficiency Design Index)規制のフェーズ3を達成できる仕様となっている。

川崎重工は新型船の開発完了を受けて、日本海事協会(ClassNK)からLNG燃料を使用する場合に適合が求められるIGFコードと船級規則に基づいた設計基本承認(AiP:Approval in Principle)を取得した。

これにより、今後は2016年に引き渡した世界初のLNG燃料推進の自動車運搬船とLNGバンカリング船の開発で得た豊富なLNG関連の応用技術に、今回の承認取得で得られた最新の国際規則に適合したLNG燃料推進船の技術や知見が加わり、新型船の設計や建造を円滑に進めることができるとともに、さまざまな種類の船舶への展開が可能になった。

今後も、川崎重工は一般商船全体にLNG燃料推進技術を適用し、世界的な需要増加が予想されているLNG燃料推進船の建造に注力していく方針。

■20万トン級LNG燃料ばら積み運搬船の主要目
全長:300m
幅:50m
喫水:18.4m

最新ニュース

物流用語集