アスクル/コピー用紙を自動発注・配送

2019年01月28日 

アスクルは1月28日、コピー用紙の残量をIoT機器「スマートマット」で検知し自動で発注・配送する「コピー用紙自動配送サービス」を2月下旬に開始すると発表した。

<コピー用紙自動配送サービス>
コピー用紙自動配送サービス

<サービスの流れ>
サービスの流れ

新サービスには、スマートショッピングが提供する重量センサを搭載したIoT機器「スマートマット」を使用。

機器上にコピー用紙を置くだけで残量を自動検知し、利用者があらかじめ設定した数量以下になると自動でアスクルに注文が送信される。注文する数量は、利用者が任意で設定できる。

対象商品は、海外製高白色コピー用紙「スーパーホワイト+」、海外製自然色コピー用紙「スーパーエコノミー+」、国産高白色コピー用紙「スーパーホワイトJ」、国産自然色コピー用紙「スーパーエコノミーJ」の4種類。

利用者はスマートマットを購入する必要がなく、初期費用なしの月額300円(税抜)で利用可能。コピー用紙も通常価格から値引きされた特別価格で購入できる。

アスクルは、希望の数量・サイクルで定期的にコピー用紙を配送する「コピー用紙定期配送サービス」を2018年2月に開始している。

新サービスは「コピー用紙の利用量が一定ではないので定期配送では余ってしまう」「適正在庫を維持するため、なくなるタイミングで注文したい」などの理由で定期配送サービスを利用していないユーザーの声に応えたもの。

■コピー用紙自動配送サービス
https://www.askul.co.jp/f/special/smart_mat/

関連キーワード:

最新ニュース