日本梱包運輸倉庫/総面積4.8万m2、栃木営業所宇都宮倉庫の増築竣工

2019年01月25日 

日本梱包運輸倉庫は1月23日、2015年11月に竣工した栃木宇都宮倉庫に倉庫棟と事務所棟を増築竣工した。

<北西側から宇都宮倉庫全景(左手奥側が栃木営業所)>
北西側から宇都宮倉庫全景(左手奥側が栃木営業所)

<倉庫内に設置された屋内荷役ピット>
倉庫内に設置された屋内荷役ピット

栃木営業所宇都宮倉庫は、宇都宮市東部の清原工業団地や芳賀工業団地に近く、また国道4号線や国道408号線を経由して北関東自動車道に30分程度と、交通アクセスの良い立地条件にある。顧客のニーズに応え、更なる業務拡大を目指すとしている。

■宇都宮倉庫概要
所在地:栃木県宇都宮市ゆいの杜8-3-81
構造・規模:鉄骨造 3階建
用途:倉庫・事務所
総面積:4万8517m2※今回竣工部分 2万6753m2
主要設備:全天候型屋内トラックPIT、堀込式ドックレベラー計4基、自動車用エレベーター11基(最大積載荷重7.2t)、出入口全扉電子錠式セキュリティ、モニター監視録画機能、作業場6区画(6280m2)は空調設備設置、3階部分無柱構造、オートロック式出入口および各居室機械警備完備の貸事務所棟を併設、床耐荷重3t~1.0t/m2

最新ニュース