佐川グローバルロジ/物流拠点に台車型自動搬送機の自律移動モデル

2019年01月24日 

佐川グローバルロジスティクスは1月24日、ZMP製の台車型自動搬送機「CarriRo(キャリロ)AD」の自律移動モデルを、1月から東関東支店柏SRCに導入したと発表した。

<CarriRo AD(自律移動モデル)>
CarriRo AD(自律移動モデル)

<導入前>
導入前

<導入後>
導入後

柏SRCでは、庫内オペレーションと作業内容の関係で倉庫内の往来頻度が特に高かったことから、搬送業務の自動化による庫内作業の効率化・省人化を目指してCarriRo ADを1台導入した。

<柏SRCで無人化した搬送ルート>
柏SRCで無人化した搬送ルート

これにより、入荷エリア~保管エリア間(片道70m)のカーゴ搬送を一部無人化したことで、同区間の搬送時間を1日あたり3時間(4km)削減し、業務効率の向上と省人化を実現した。

柏SRCでは、2018年12月からCarriRo ADを試験導入し、効果を検証。より多くの荷物を搬送できるよう、荷物を積んだ複数のカーゴを牽引する自律移動モデルを導入し、1か月をかけて効果を検証した結果、大幅な効率化・省人化に繋がることを確認できたため本格導入を決めた。

■導入概要
導入先:東関東支店柏SRC(千葉県柏市新十余二13-1、SGリアルティ柏B棟2F)
製品名:CarriRo AD(自律移動モデル)
製造元:ZMP
本体重量:55kg
本体サイズ:幅61cm×奥行91cm×高さ24cm
最大積載荷重:150kg
最大速度:時速3km(自律移動モード)
牽引力:250N(300kg相当)

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集