日本郵船/北海道電力向け石炭専用船が竣工

2019年01月23日 

日本郵船は1月23日、長崎県西海市の大島造船所で北海道電力の石炭輸送用に保有・運航する「ぴりかもしり丸」が竣工したと発表した。

<石炭専用船「ぴりかもしり丸」>
石炭専用船「ぴりかもしり丸」

この船は北海道電力初の石炭専用船として1984年に竣工した初代「札幌丸」、2002年に竣工し現在まで同社の石炭輸送の中核を担ってきた2代目「新札幌丸」に続く3代目の専用船となり、船名にはアイヌ語が用いられました。竣工後は、苫小牧港を母港とし、主に豪州、インドネシアなどから同社苫東厚真火力発電所向けの石炭輸送に従事する予定。

また、この船にはエンジンの排熱を利用することでエネルギーを再利用する先進技術「舶用バイナリー発電システム」を搭載している。発電した電力を船舶の補助電源などに活用して使用燃料を削減することで、約2%の二酸化炭素(CO2)排出量削減が見込まれている。

■概要
全長:234.99m
全幅:43.00m
型深さ:18.40m
載貨重量トン:8万9372トン
造船所:大島造船所
船籍:日本

最新ニュース