丸紅/ベトナムで年産35万トンの段ボール原紙製造工場建設

2019年01月23日 

丸紅は1月23日、ベトナムのバリアブンタウ省に、100%出資子会社の段ボール原紙製造工場を建設すると発表した。

<新工場を建設するフーミー3特別工業団地のアクセス>
新工場を建設するフーミー3特別工業団地のアクセス

新工場は、100%出資の段ボール原紙製造会社Kraft of Asia Paperboard & Packagingが運営する。今後速やかに着工するとともに、2020年度下期の商業稼働を予定。2022年のフル操業時の年産能力として35万トンを見込んでいる。

丸紅は、新工場の立ち上げにより、パッケージ市場の成長が著しいベトナムでの段ボール原紙製造・包装資材販売事業を開始する。

同社は日本国内での興亜工業(丸紅出資79.95%)・福山製紙(丸紅出資55%)の経営・操業経験や、海外での段ボール原紙事業の知見を有しており、興亜工業の生産技術・ノウハウと丸紅の販売ネットワークを活用することで、伸長するベトナム段ボール市場で事業拡大を目指す。

■Kraft of Asia Paperboard & Packagingの概要
本社所在地:ベトナム バリアブンタウ省フーミー3特別工業団地
出資比率:丸紅100%
事業内容:段ボール原紙製造・包装資材販売事業
年産能力:段ボール原紙35万トン
商業稼働:2020年度下期予定

最新ニュース