米プロロジス/米国で運営中の物流施設が世界初のWELL認証を取得

2019年01月22日 

米プロロジスは1月22日、米国ワシントン州で運営中のPrologis Park Tacoma D棟が、物流施設として世界で初めてWELL認証を取得したと発表した。

<Prologis Park Tacoma D棟>
Prologis Park Tacoma D棟

WELL認証は、国際WELLビルディング協会(International WELL Building Institute(IWBI))が運営する建物・室内環境評価システムで、建物のデザインや運用によって、居住者や働く人の健康・快適性を測る業界のベンチマーク。

IWBIは、倉庫・物流施設で働く人の健康と快適性を測る基準をつくるため、プロロジスとパートナーシップを組み、2017年に「物流施設パイロットプログラム(Warehouse Pilot Program)」を立ち上げた。

プロロジスは、Prologis Park Tacoma D棟の開発にあたって、働く人の健康・快適性に寄与することをめざし、「物流施設パイロットプログラム」のWELL基準に則って施設を設計。審査項目である「空気」「水」「光」「栄養」「フィットネス」「快適性」「心」のすべてのカテゴリにおいて建物性能が優れていると評価され、WELL認証の取得に至ったもの。

プロロジスは、今後も先進的なデザインを追求するとともに、環境負荷軽減への取り組みと、社会に対する責任を全うし、カスタマーやシェアホルダーに価値を提供していくとしている。

最新ニュース