WMS導入と活用セミナー/3月5日開催

2019年01月18日 

JILSは3月5日、物流センター、物流情報システム部門の管理者、担当者を対象としたWMS(倉庫管理システム)セミナー、「WMS導入と活用セミナー~経営戦略と繋がる物流センターづくり~」を開催する。

WMSを基本機能から解説するとともに、WMSのライフサイクル(導入、活用、メンテナンス、入替など)におけるポイント、倉庫の現場から経営に繋がるKPI(Key Performance Indicator)づくりに向けて必要なデータ整備について解説する。

■開催概要
日時:3月5日(火)10:00~16:00
会場:JILSセミナールーム(東京都港区海岸)
http://www.logistics.or.jp/overview/access.html
受講料:JILS会員 37,800円(税込)、JILS会員外54,000円(税込)

■詳細・申込み
http://jils.force.com/SeminarDetail?productid=a0R5F00000bpqte

■プログラム
1.物流・ロジスティクスと情報システム
(1)物流を取り巻く環境と企業における物流テーマ
(2)物流コストとコスト削減
(3)企業の物流情報システム
(4)物流・ロジスティクスに必要な機能

2.物流センターと情報システム
(1)物流センターの機能
(2)物流センターとWMS
(3)情報システムが支援する物流センター構築の検討
(4)物流センター情報システム構築の考え方
(5)物流センター情報システムに求められる基本機能

3.これからの物流センター情報システム
(1)物流・ロジスティクスと自動化技術
(2)物流センター情報システム機能全体像
(3)物流センターの「見える化」と物流KPI
(4)IOT、自動化導入と物流センター情報システムの役割

4.WMS導入のポイント
(1)物流現場の悩み
(2)物流現場に導入する情報システムのありかた
(3)WMSを構築するうえでの7つの留意点
(4)WMS構築、導入の失敗例と成功への道しるべ
(5)WMS構築ステップアップサンプル
(6)物流ビジネスを勝ち取るための情報システム機能

5.WMS調達のポイント
(1)WMS開発の留意事項
(2)WMSのパッケージと自社開発の違い

■講師
植村邦夫氏
ユーロジプランニング 
代表取締役

1974年富士通入社。システムエンジニアとして、流通業、製造業を中心に、幅広く顧客業務システム開発に従事。1994年からSCM(サプライチェーン・マネジメント)や物流・ロジスティクス関連の情報システム及び、物流センターに関するコンサルティングに従事。2006年10月同社退社後、同年12月にユーロジプランニングを設立し、物流・ロジスティクス、SCM(サプライチェーン・マネジメント)関連の情報システム開発及び、情報システムを含む物流センターの開発に関するコンサルティングを行っている。
物流技術管理士資格認定講座及びロジスティクス基礎講座の講師を担務。JILS能力開発委員会ロジスティクス基礎講座専門委員会委員。

■参加者特典
セミナー終了後、WMSベンダーによる最新導入事例等を聴講可能(無料)。
※出展企業は、JILSの当該セミナーページにて案内予定。

■問い合わせ先
公益社団法人日本ロジスティクスシステム協会(JILS)
業務管理部 WMSセミナー担当
shien@logistics.or.jp
TEL:03-3436-3191(平日9:00~17:30)
https://www1.logistics.or.jp/

最新ニュース

物流用語集