JPR/手荷役からパレット利用への切り替えで実現する働き方改革

2019年01月17日 

日本パレットレンタル(JPR)は1月17日、パレットを出荷に利用した際の労働生産性の向上効果を算出した。

<パレットを出荷に利用した際の時間削減率>
パレットを出荷に利用した際の時間削減率

これは、パレット出荷と手積み手卸しで運用した場合の生産性について定量的な評価を実施することで、パレット出荷における労働生産性の向上効果について考察したもの。

それによると、結論として、パレット1枚当たり(出荷時間+入荷時間)の労働生産性は出荷時で約2.60倍、入荷時で平均約7.17倍の向上が見込める。その時間削減率は約75%だった。

検討方法は、食料品における出荷、入荷の2ケースで、比較検証を実施した。実際に顧客に協力してもらい、現場で作業時間を測定している。

この結果をJPRが提供する「P研」システムで運用されたパレット延べ出荷枚数は約3274万枚。総数にあてはめて効果を試算すると、時間削減が約263万時間の削減、人件費が約69億円の削減(人件費は時給を2614円と想定)、人員当たりでは、約1369人分(勤務時間は1日8時間、月20日と想定)となった。

<「労働生産性評価報告書」表紙>
「労働生産性評価報告書」表紙

なお、JPRレンタルパレットを利用してもらうことが働き方改革につながることを踏まえ、今回算出した結果を「労働生産性評価報告書」にまとめ、顧客にに配布する。

■「労働生産性評価報告書」概要
ページ数:4ページ(表紙、裏表紙含む)
内容:
パレットの労働生産性評価について
「手荷役方式」と「パレット方式」について
検証・評価結果
JPRの提供する「P研システム」にあてはめると
1社で、仮に10万枚/年間をご利用いただく場合
結論ポイント

最新ニュース