ヤマトグローバル/大田区京浜島に輸出入海上輸送の大型物流拠点竣工

2019年01月17日 

ヤマトグローバルロジスティクスジャパン(YGL)は1月17日、海外と日本を結節する海上輸送の玄関口となる「東京グローバルロジゲート」を1月25日に東京都大田区京浜島に竣工すると発表した。

<東京グローバルロジゲート完成予定図>
東京グローバルロジゲート完成予定図

<立地>
立地

東京グローバルロジゲートの近隣には、東京港(大井コンテナー埠頭)や東京国際空港(羽田空港)、JR貨物の東京貨物ターミナルが4km圏内にある。

また、ヤマトグループのスピード輸送ネットワークと高付加価値機能を融合したグループ最大の総合物流ターミナル「羽田クロノゲート」とは約2km、特殊梱包等で顧客の本業特化を支援するヤマトパッキングサービスの「京浜島流通トリニティセンター」とは隣接した絶好の立地を活かし、高効率かつ高品質な物流を実現する。

また、輸入時に通関業務を行わずに保税状態のまま、施設内で検品・ラベル貼り等の流通加工作業を行うことができるため、顧客の輸送コストやリードタイムの短縮に貢献する。

施設ではエリアごとに適切なセキュリティ基準を設定し、これに合わせ多数の防犯カメラや24時間有人警備を配備しているため、高いセキュリティを必要とする商材に適した、安心・安全な取り扱いが可能。

なお、YGLはここにフォワーディング、通関、流通加工等の各機能を集約することで、今後さらに増加が予想される荷物量と多様化していくニーズにも対応していくとしている。

■施設概要
施設名称:東京グローバルロジゲート
所在地:東京都大田区京浜島1-3-3
敷地面積:1万896.17m2
延床面積:1万9931.07m2
構造・規模:耐火建築物、地上4階建て(倉庫3層)
作業設備:恒温恒湿保管庫(2階の一部)空調施設(4階)、
防犯カメラ・24時間有人警備、入退室セキュリティ管理
提供サービス:CFS、ロジスティクス、海外引越、美術品輸送・収蔵
稼働開始日:2019年3月5日(火)予定

最新ニュース