JR貨物/12月のコンテナ貨物輸送量5.0%減、全品目で前年割れ

2019年01月16日 

日本貨物鉄道(JR貨物)が1月16日に発表した2018年12月の輸送動向によると、コンテナ貨物の輸送実績は188万3000トン(前年同月比5.0%減)、車扱は94万5000トン(5.4%減)となった。

12月は東北線、函館線、道南いさりび鉄道線などでの輸送障害の影響や山陽線本復旧工事の影響で、高速貨171本が運休となった(前年は高速貨154本、専貨2本が運休)。

コンテナは、紙・パルプが内需減少に伴う販売不振によって、特に東北・中国地区からの発送が落ち込んだほか、農産品・青果物は北海道地区での夏季の長雨・日照不足により在庫薄となっている玉葱、生野菜、馬鈴薯などが減送、エコ関連物資は建設発生土輸送の減少で低調に推移した。そのほか、食料工業品、化学工業品、化学薬品といった全ての品目で前年を下回った。

車扱は、石油が暖冬に伴って灯油を中心に需要が減少したため低調に推移したほか、セメントが定期修繕時期の変更と在庫調整で減送となった。

コンテナ・車扱の合計は、282万7000トン(前年比5.1%減)だった。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集