厚労省、国交省/荷主と運送事業者の取引環境と長時間労働でセミナー

2019年01月15日 

厚生労働省と国土交通省は1月15日、トラック運送事業者の取引条件の改善や長時間労働の改善、生産性向上に役立つ方策について、全国5会場で「荷主と運送事業者の協力による取引環境と長時間労働の改善に向けたセミナー」を開催すると発表した。

国土交通省では、トラック事業者と荷主が連携して実施した、トラック運送事業での荷待ち時間の削減や荷役作業の効率化など長時間労働の抑制を図るためのパイロット事業の成果を取りまとめたガイドラインを昨年11月に策定した。また、昨年12月には、トラック運送機能の安定的・継続的な提供を可能とするために、コンプライアンス違反を防止しつつ運行に必要となるコスト構成や効率的な運送を可能とする運行事例等について取りまとめたガイドラインを策定した。

今回、荷主及びトラック運送事業者を対象に、これらのガイドラインの周知や具体的な改善事例の紹介等を目的とした「荷主と運送事業者の協力による取引環境と長時間労働の改善に向けたセミナー」を開催するもの。

■プログラム予定
荷主と運送事業者の協力による取引環境と長時間労働の改善に向けたガイドラインについて
貨物自動車運送事業法の一部を改正する法律について
取引環境と長時間労働改善事例の紹介
各種取引関係のルール等について

■開催概要
名古屋会場(定員:180名)
日時:2月5日(火)14:00~16:00
場所:TKPガーデンシティPREMIUM名古屋ルーセントタワー(名古屋市西区牛島町6-1 名古屋ルーセントタワー 16階)

東京会場(定員:255名)
日時:2月7日(木)14:00~16:00
場所:TKP東京駅大手町カンファレンスセンター(東京都千代田区大手町1-8-1)

東京会場(定員:255名)
日時:2月13日(水)14:00~16:00
場所:TKP東京駅大手町カンファレンスセンター(東京都千代田区大手町1-8-1)

大阪会場(定員:177名)
日時:2月15日(金)14:00~16:00
場所:TKPガーデンシティ新大阪(大阪市淀川区宮原4-1-4 KDX新大阪ビル)

福岡会場(定員:135名)
日時:2月19日(火)14:00~16:00
場所:TKP博多駅前シティセンター(福岡市博多区博多駅前3-2-1 日本生命博多駅前ビル8F)
 
札幌会場(定員:165名)
日時:2月22日(金)14:00~16:00
場所:TKP札幌カンファレスセンター(札幌市中央区北3条西3丁目1-6 札幌小暮ビル 6F/7F)

■申し込み方法
参加を希望される方は、各会場とも開催の1週間前までに、委託先(野村総合研究所まで)
https://totaleventmanager.jp/events/17

最新ニュース