レンゴーロジ/八潮流通センターでAI活用、荷揃えなど自動化

2019年01月15日 

レンゴーは1月15日、子会社であるレンゴーロジスティクスの八潮流通センターで、AI技術を活用した製品荷揃え計画・トラック誘導の新システムを完成し、運用を開始したと発表した。

<八潮流通センター>
八潮流通センター

新システムには自社開発のAI技術を採用。従来はオペレーターが行っていた製品荷揃え位置の立案作業を自動化するとともに、最も効率的でフォークリフトの交錯も考慮した安全性の高い計画を立案可能にした。

また、担当者ごとの計画のバラツキも解消し、平準化と全体的な計画精度の向上を図ったことで、積込み時間も削減。

新システムの導入によって、トラックの入場誘導から製品の荷揃え、積込みまで一連のシステムが完成したことで、物流センターの運営効率向上と、トラックドライバーの拘束時間削減を実現した。

八潮流通センターは、国内最大の板紙製紙工場である八潮工場の製品物流の効率化と迅速な輸送を目的として2015年に開設した物流センターで、2万5000トンの板紙製品を収容可能。

トラックへの製品積込みのための荷揃えは、製品が異なるエリアに分散して在庫されていることも多く、トラックバースの空き状況も把握しなければならないことから、自動化が遅れていた。

レンゴーは、レンゴーロジスティクスとともに、今後も物流現場の業務改革を進め、輸送品質とサービスの向上を図るとともに、荷主企業の立場からトラックドライバーの働き方改革にも取り組んでいくとしている。

最新ニュース