MUJIN物流現場でのピースピッキング自動化セミナー/2月8日開催

2019年01月15日 

シーアールイー(CRE)は2月8日、MUJIN知能ロボットコントローラによる物流現場でのピースピッキング自動化をテーマにCREフォーラムを開催する。

規模拡大を続けるeコマースでは、出荷作業を担う労働力の確保が重要となっている一方で、日本の生産年齢人口は、2015年の7,592万人から2050年には5,001万人まで減少すると予測されている。

労働集約型産業である物流業にとって死活問題となっている。既存の物流現場における業務改善ではなく、抜本的な変革が求められている。

今回のCREフォーラムでは、MUJINの滝野一征CEOが、独自のモーションプランニングAI技術や三次元認識技術等を活用した知能ロボットコントローラによって、物流現場でのピースピッキングの自動化を実現したMUJINの取り組みについて、講演する。

■開催概要
日時:2月8日(金)15:00~16:40(開場14:30~)
会場:虎ノ門ツインビルディング西棟地下1階
東京都港区虎ノ門2-10-1
参加対象:荷主・物流企業様
参加費:無料
定員:70名限定(定員数を超えた場合、申し込み期限前でも終了する場合がある)
申込期限:2月6日(水)18:00

■詳細・申込み
https://www.logi-square.com/sh/833a1e2b40

■講師
MUJIN
CEO兼共同創業者
滝野 一征(たきの いっせい)氏

米国大学を卒業後、ウォーレン・バフェットが保有し、製造業の中でも世界最高の利益水準を誇る超硬切削工具メーカー、イスカル社でキャリアをスタート。生産方法を提案、構築する技術営業として受賞も経験。現場のプロとして多くの実績を積む。その後、ロボットの知能化により世界の生産性向上に貢献したいという想いを胸に、2011年に出杏光魯仙(であんこう・ろせん)博士と、2011年にMUJINを設立。

■問合せ
シーアールイー 
マーケティングチーム
担当:山賀幸恵(ヤマガ)、石原圭子(イシハラ)
leasing_mail@cre-jpn.com
TEL:03-5572-6604

最新ニュース