カワサキ/台風21号で倉庫修繕費5300万円発生

2019年01月11日 

カワサキは1月11日、2019年8月期第1四半期連結決算に、台風21号の暴風雨災害で破損した賃貸・営業倉庫の修繕費用などを特別損失として計上したと発表した。

同社では、本社倉庫を含む賃貸・営業倉庫19棟で、屋根や窓ガラス、シャッターの一部が破損。各倉庫の修繕費用など損失額の総額は5300万円を見込んでいる。

なお、2019年8月期第1四半期連結決算での賃貸・倉庫事業の業績は、前年度に取得した倉庫の稼動に取り組んだ結果、売上高2億4737万7000円(前年同期比28.0%増)、営業利益1億43万円(61.0%増)となった。

最新ニュース

物流用語集