国交省/ドローン物流を埼玉県秩父市で検証実験

2019年01月11日 

国土交通省は1月11日、埼玉県秩父市で秩父市ドローン配送協議会(代表事業者:楽天)による無人航空機(ドローン)を活用した荷物配送の検証実験を1月15日から31日にかけて実施すると発表した。

<ドローンハイウェイを飛行する様子>
ドローンハイウェイを飛行する様子

検証実験内容は、送電設備上空を空の道として利用した「ドローンハイウェイ」を活用し、浦山ダムから約3km(飛行時間約10分)の距離にあるネイチャーランド浦山まで、バーベキュー用品等の配送をドローンで実施する。

この実証事業は「2018年度CO2排出量削減に資する過疎地域等における無人航空機を使用した配送実用化推進調査」(環境省連携事業)として実施するもの。

なお、国交省では、検証実験地域について、2018年6月28日から7月31日までの間に公募を行い、全国14地域から応募があり、5か所を選定している。このうち、2018年11月5、6日に福島県南相馬市で郵便事業配送効率化協議会によるドローン物流の検証実験を行っている。今回の検証実験は5か所のうち、2件目となる。

■ドローン物流:無人航空機を活用した荷物配送概要
日時:2019年1月15日~31日
場所:埼玉県秩父市(浦山ダム~ネイチャーランド浦山)
実施主体:秩父市ドローン配送協議会(代表事業者:楽天)
使用機体:天空2
 機体仕様
 機体重量:9.6kg
 最大積載重量:2kg
 最高速度:72km/h
 最大飛行距離:7km
 最大飛行時間:15分

最新ニュース