キユーソー流通/2018年11月期の売上高5.9%増、営業利益4.0%減

2019年01月10日 

キユーソー流通システムが1月10日に発表した2018年11月期決算によると、売上高は1691億5500万円(前年同期比5.9%増)、営業利益46億9800万円(4.0%減)、経常利益48億2200万円(3.4%減)、親会社株主に帰属する当期純利益23憶3100万円(14.5%減)となった。

セグメント別では、共同物流事業は、既存取引が減少したものの、連結子会社の増加や新規・領域拡大が伸長し増収となった。売上高は1112億8800万円(7.0%増)、営業利益は29億4200万円(3.7%減)となった。

専用物流事業は、コンビニエンスストアやチェーンストアなどの領域拡大が伸長し増収となった。売上高は518億7500万円(3.8%増)、営業利益は13億4400万円(8.7%減)となった。

来期は、売上高1710億円(1.1%増)、営業利益48億円(2.2%増)、経常利益49億円(1.6%増)、親会社株主に帰属する当期純利益24億7000万円(5.9%増)を見込んでいる。

最新ニュース