三菱ロジネクスト/30億円投じ、滋賀工場の敷地内に新実験施設

2019年01月10日 

三菱ロジスネクストは1月10日、滋賀県近江八幡市滋賀工場の敷地内に、新たに実験施設を建設すると発表した。

<完成イメージ>
完成イメージ

現在、三菱ロジネクストは神奈川県川崎市の新川崎事業所、京都府長岡京市の京都工場、滋賀工場にそれぞれ実験施設を有している。これら3拠点の実験施設を滋賀工場に集約するとともに、新川崎事業所の技術本部を滋賀工場に移転し、「製品品質の向上」「業務効率の向上」「開発リードタイムの短縮」「成長分野への開発力強化」を図る。

新たに建設する実験施設は、台上試験設備を備えた「実験棟Ⅰ」、屋内テストコースと事務所等を備えた「実験棟II」、積載荷重23トンまでのフォークリフトの実験走行が可能な「屋外テストコース」で構成している。

■新実験施設概要
所在地:滋賀県近江八幡市長光寺町578
構造:鉄骨造 平屋(実験棟Ⅰ)鉄骨造2階建(実験棟II)
建築面積:約2080m2(実験棟Ⅰ) 約1310m2(実験棟II) 直線路約350m(屋外テニスコート)
(他に旋回路、坂路等を併設)
延床面積:約2050m2(実験棟Ⅰ) 約 2290m2(実験棟II)
工事期間研究:2019年2月着工、2020年1月竣工(予定)
投資額:約30億円

最新ニュース