大手コンビニ3社/店舗配送車両の駐車場共同利用

2019年01月10日 

セブン‐イレブン・ジャパン、ローソン、ファミリーマートの大手コンビニ3社は1月10日、経済産業省の支援のもと、店舗配送用車両の駐車場を共同利用することに合意し、1月15日から順次運用を開始していくと発表した。

<店舗周辺図 共同利用駐車場:タイムズ津田沼前原西第4駐車場>
店舗周辺図 共同利用駐車場:タイムズ津田沼前原西第4駐車場

コンビニエンスストア店舗は現在社会的インフラとなる一方、都市部の繁華街では店舗配送用のトラックが入れる駐車場が少なく、また、人手不足により配送車両の2名乗務体制を維持することが困難などの課題がある。2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会や2025年国際博覧会(大阪・関西)などの国際イベントが控える中、安定的に駐車場を確保することが喫緊の課題となっている。

「店舗配送用車両の駐車場共同利用」は、セブン‐イレブン・ジャパン、ローソン、ファミリーマートファミリーマートのいずれか複数社の店舗が近接する場所において、駐車場を共同利用するもの。これにより、1社では高額で契約できない駐車場も利用できるようになり、持続的な店舗配送物流の維持に役立つ。

今回、セブン‐イレブンとローソンの店舗に近接する駐車場の物件が確保できたため、まずは2社での共同利用を開始する。今回開始する1案件目では、コインパーキングの一部区画を改修し、店舗配送用の車両が専用利用する。また、2案件目としてセブン‐イレブンとファミリーマートの店舗で共同利用を開始する予定。

ローソンでは、1日に1店舗あたり多い日で約7~8回、商品を納品。今回の取組みにより、駐車場コストの削減と安定的なスペース確保が可能となる。今後、他エリアでの展開も検討し、持続的な店舗配送物流の維持を図っていくとしている。

ファミリーマートでは、低炭素社会実現への貢献を目的に、商用車では初となる2室2温度帯(チルド/米飯配送)架装及びCHAdeMOVer1.2対応のEVトラックを導入し、2019年1月から2年間の実証実験を行う。また、CNGトラックやハイブリッドトラックなど、低公害車・低燃費車の採用、エコドライブ管理システムの導入、統廃合による製造・物流拠点集約の推進の実施など、多角的な取り組みによりCO2を削減している。

■該当店舗
セブン‐イレブン船橋前原西2丁目店(千葉県船橋市前原西2‐21‐10)
ローソン津田沼東店(千葉県船橋市前原西2‐22‐15)
■共同利用する駐車場
タイムズ津田沼前原西第4駐車場(千葉県船橋市前原西2‐22)

最新ニュース

物流用語集