不二製油/24億円投じ、千葉工場内に新工場建設

2019年01月10日 

不二製油は1月10日、千葉工場内に大豆たん白素材製品の新工場を建設すると発表した。

投資額は24億円。延床面積2000m2の工場を建設する計画で、4月の着工、2020年4月の操業開始を予定している。

新工場では、ハンバーグなど加工食品に肉の代替材料として使用される「粒状大豆たんぱく」を生産。健康への関心の高まりを受けて需要が拡大している同製品について年産9000トンの生産体制を構築し、既存の阪南事業所と合わせた同社全体の生産能力を1万8000トンに増強する。

また、新工場の建設によって千葉工場での生産体制を確立し、最大消費地である首都圏での供給拡大や、生産拠点の分散化によるBCP(事業継続計画)対応の強化を図る。

■新工場の概要
建設地:千葉市美浜区35-1(千葉工場敷地内)
敷地面積:6万115m2(千葉工場全体)
建築面積:1456m2
延床面積:2173m2
生産能力:9000t/年
着工:4月予定
操業:2020年4月予定
投資金額:24億円

最新ニュース

物流用語集