アイシン精機/事業者向けドライブレコーダー連携ドライバーモニター発売

2019年01月10日 

アイシン精機と中日諏訪オプト電子の社内カンパニーのファインフィットデザインカンパニーは1月10日、「事業者向けドライブレコーダー連携ドライバーモニターシステム」を3月から発売すると発表した。

<システムイメージ>
システムイメージ

この製品は、閉眼状態や視線、顔の向きを検出するアイシン精機のドライバーモニターシステムと、昼夜を問わず高精細な映像が撮影できる中日諏訪オプト電子のドライブレコーダーを連携させた、事業者向けのシステム。ドライバーモニターシステムが運転者の脇見、居眠りを検知すると、警報により運転者に注意喚起を行う。

また、画像や警報情報をドライブレコーダー内に記録し、運転者の傾向分析や教育といった事業者向け用途にも使用できる。

アイシン精機は、2006年に世界で初めて顔の向きを検知するドライバーモニターシステムを開発し、脇見や居眠り運転などに起因する交通事故をなくすべく、継続的に機能の追加や精度向上を行ってきた。

この製品では、人工知能の搭載により、顔の向きや視線、閉眼といった検知精度とマスクやサングラスなどにより顔の一部が隠れた状態での認識性能を飛躍的に高めた。

■製品仕様
型式:TX129-001TH
電源:バッテリー12Vまたは24V、マイナスアース方式
消費電力:10W以下
待機時電流:100uA以下
外形寸法:カメラ本体部(W×H×D) 105mm×39mm×53mm
質量:カメラ本体部 150g以下
撮影距離:300mm~1000mm
解像力:1280×960ピクセル
保存温度範囲:-40~85℃
動作温度範囲:-20~70℃

最新ニュース