日通/500億円投じ、国内4か所に医薬品専用倉庫建設

2019年01月08日 

日本通運は1月8日、埼玉県久喜市、大阪府寝屋川市、北九州市、富山市の4か所に、医薬品に特化した新倉庫を建設すると発表した。

<拠点完成イメージ>
拠点完成イメージ

投資額は4拠点で合計400~500億円を予定。延床面積6万6000m2~9900m2の施設を年内から順次着工し、2020年12月までの稼働開始を目指す。

新倉庫は、2018年12月28日に発出された日本版GDP(適正な流通基準)ガイドラインに対応した施設とし、定温、保冷の温度管理に加え、輸出入用の保税エリア、特殊医薬品エリアなどサプライチェーンのあらゆるニーズに対応させる。

保管エリアは温度と湿度を三次元マッピング映像で総合監視するほか、災害等に備えるため免震構造(一部除く)や非常用発電設備の設置を予定している。

また、埼玉県久喜市に建設する東日本医薬品センターと大阪府寝屋川市に建設する西日本医薬品センターについては、安全・確実なオペレーションを確保するため、入荷エリア、保管エリア、出荷エリアを明確に区分し、入荷用と出荷用の専用エレベーターをそれぞれ設置。入出荷作業の際の防虫管理とセキュリティのために、トラックドックや前室、大型エアシャワーを配置する。

<医薬品サプライネットワーク>
医薬品サプライネットワーク

日本通運は、新設する4拠点を中核とし、既存の成田メディカルハブと関空メディカルハブを加えた合計6拠点による医薬品サプライネットワークを整備することで、GDPに基づく品質管理に加え、医薬品供給のBCP(事業継続計画)対応、共同物流や車両のラウンドユースを担う機能をもったプラットフォームの構築を目指す。

また、国内の医薬品サプライチェーン「調達」「製造」「販売」に伴う保管、輸送などの物流プロセス全体を一貫して品質管理し、温度逸脱などのリスクを軽減。保管や輸送の共同化、医薬品サプライチェーン上での輸配送車両のラウンドユースといった新たなスキームを採用し、業務効率化と経済性を追求していく。

■新倉庫の概要
「東日本医薬品センター」
建設地:埼玉県久喜市
延床面積:6万6000m2
稼働予定:2020年12月

「西日本医薬品センター」
建設地:大阪府寝屋川市
延床面積:6万6000m2
稼働予定:2020年8月

「九州医薬品センター」
建設地:北九州市
延床面積:1万6500m2
稼働予定:2020年8月

「富山医薬品センター」
建設地:富山市
延床面積:9900m2
稼働予定:2020年12月

最新ニュース

物流用語集