SBSHD/鎌田代表が新年度運営方針「融合」を発表

2019年01月08日 

SBSホールディングスの鎌田正彦代表は1月4日、グループ新年会において役職員に向けて今年度の運営方針を発表した。

<SBSホールディングスの鎌田正彦代表>
SBSホールディングスの鎌田正彦代表

2019年度のグループスローガンは「融合」とし、SBSリコーロジスティクスを加え、今まで以上にグループ一体となってリソース・ノウハウの共有を進め新規ビジネスに取り組み、グループとしてのシナジーを極大化できる体制を構築していくとしている。

また、SBSグループの方針として、「全拠点の営業利益を黒字化する」「グループ協働推進とシナジーの発揮」「コンプライアンス遵守と CSR 活動の推進」「交通事故ゼロの追及」「SBSブランドをまもり、育む」を5つのグループ方針と定めた。

<3月に竣工する大阪南港の物流センター>
3月に竣工する大阪南港の物流センター

さらに、3月は大阪南港に大規模センターが竣工し、野田瀬戸プロジェクトの始動と、大型案件が続く。今後、倉庫の開発そして3PLのLT共同化をグループ一丸となって進めていくとしている。

最新ニュース

物流用語集