エーアイテイー/2月期の売上高12.3%増、営業利益8.7%増

2019年01月08日 

エーアイテイー(AIT)が1月8日に発表した2019年2月期第3四半期の業績は、売上高210億3800万円(前年同期比12.3%増)、営業利益12億5500万円(8.7%増)、経常利益13億8300万円(12.2%増)、親会社株主に帰属する四半期純利益9億4300万円(13.3%増)となった。

日本の売上高は168億1600万円(9.4%増)となり、営業利益は主に営業原価や販売費及び一般管理費等の増加の影響から7億6000万円(0.9%減)となった。

中国の売上高は37億7800万円(16.8%増)、営業利益は4億8100万円(12.3%増)と前年同期を上回ることとなった。

タイの売上高は6400万円(15.2%増)、営業活動での費用が嵩み、営業利益は100万円(前年同期は営業損失400万円)。

なお、昨年の10月10日、AITを株式交換完全親会社、日新運輸を株式交換完全子会社とする株式交換契約を締結している。また、AITは、この株式交換契約の締結に合わせ、AITと日新運輸の株主である日立物流との間で資本業務提携契約を締結している。

通期は、売上高285億円(13.5%増)、営業利益15億5000万円(3.5%増)、経常利益16億1000万円(1.4%増)、親会社株主に帰属する当期純利益11億5000万円(4.5%増)を見込んでいる。

最新ニュース

物流用語集