三菱ふそう/本社を川崎市中原区の川崎工場に移転

2019年01月07日 

三菱ふそうトラック・バス(MFTBC)は1月7日、本社機能を川崎市中原区大倉町の川崎工場敷地内に新設した「プロダクトセンター(新社屋)」に移転し業務を開始したと発表した。

2005年12月より川崎市川崎区の「新川崎三井ビルディング」を本社とし、経営トップ、国内外営業部門、サービス部門、一部管理部門の機能を有していたが、主力工場である川崎工場第一敷地に機能を集約することで業務効率化を推進する。

2018年末に川崎工場敷地内に完成した5階建ての新社屋には、経営トップ、商品計画、企業渉外部門等、また2017年1月31日付に売却済みの川崎市中原区西加瀬の川崎工場第二敷地からは開発本部が移った。またその他新川崎にあった部門はリニューアルを進めている同敷地内の建屋に移る。

■本社新住所
所在地:神奈川県川崎市中原区大倉町10
TEL:044-330-7700(代表)
延床面積:1万792m2 (プロダクトセンターのみ)

最新ニュース

物流用語集