ZMP/宅配ロボットCarriRo Deliに新色のブルーを追加

2019年01月07日 

ZMPは12月27日、宅配ロボット「CarriRo Deli(キャリロデリ)」のラインナップに、新色のブルーカラーモデルを追加したと発表した。

<宅配ロボットCarriRo Deliのブルーカラー>
宅配ロボットCarriRo Deliのブルーカラー

<宅配イメージ>
宅配イメージ

新色のブルーは4つの宅配ボックスを搭載したタイプで、既存のイエローカラーと同様にZMPが販売していた家庭用二足歩行ロボット「nuvo」と同じカラーを採用した。

CarriRo Deliは、ZMPが物流のラストワンマイル課題解消などに向けて、自動車の自動運転技術開発で培った自律移動技術を応用して開発した宅配ロボット。カメラやレーザセンサで周囲環境を360度認識しながら、最大時速6kmで自動走行し、荷物を目的地へ届けることができる。

ZMPは、CarriRo Deliについて慶應義塾大学SFC研究所、ローソンと共同で、1月から慶應義塾大学SFC研究所のキャンパス内で日本初のコンビニ宅配サービス実証実験を開始する予定。

大学キャンパス内での実運用を検証し、注文から受取りに至る一連の動作もスマート化を図り、ラストワンマイルの無人化に挑戦する。

最新ニュース