TOTO/118億円投じ、大分県中津市にセラミックス製品の新生産棟を新設

2018年12月25日 

TOTOは12月25日、TOTOファインセラミックス本社・中津工場敷地内に新たなセラミックス製品の生産工場棟を建設すると発表した。

<新生産棟完成予想図>
新生産棟完成予想図

新工場棟は「静電チャック」の量産工場と位置付け、約118億円を投資する。また、これまで培ってきた最先端のセラミックス加工技術とノウハウを結集させ、IT技術も駆使することで、生産性向上を目指したスマートファクトリー化の実現を図る。新工場棟は2019年1月より着工し、2020年10月からの稼働開始を目指す。

なお、TOTOのセラミック事業の主力製品である「静電チャック」は半導体製造装置のキーパーツであり、近年の半導体メモリ進化に伴い、今後さらなる需要の拡大が見込まれている。こうした市場の旺盛な需要にタイムリーに対応することを目的とし、新工場棟を建設するもの。

■建設計画の概要
名称:TOTOファインセラミックス本社・中津工場 第4棟(仮称)
所在地:大分県中津市大字田尻崎10番
(TOTOファインセラミックス本社・中津工場敷地内)
投資金額:約118億円
生産品目:セラミックス製品・静電チャック
建築面積:約2万1899m2

最新ニュース