川崎汽船、上組/国内港湾運送事業の共同持株会社設立

2018年12月21日 

川崎汽船と上組は12月21日、川崎汽船の国内港湾運送事業子会社3社が株式移転により3社の完全親会社となる共同持株会社を設立し、持株会社の全株式のうち49%を川崎汽船が上組に譲渡すると発表した。

対象となる川崎汽船の国内港湾運送事業子会社は、主として国内で港湾運送事業を展開するダイトーコーポレーション、日東物流、シーゲートコーポレーションの3社(対象3社)。

目的は湾運送事業や国内物流事業において両社がこれまで培ってきた技術、知見、そして経営資源などのリソース活用によるサービス品質の更なる向上を図るとしている。

持株新会社の設立、同社株式49%を上組に譲渡は、2019年4月1日の予定。

■対象3社の概要(2018年3月31日現在)
ダイトーコーポレーション
設立:1934年9月3日
本店所在地:東京都港区芝浦2-1-13
資本金:8億4300万円
決算期:3月
持株比率:川崎汽船100%
従業員数:414名
売上高:242億円

日東物流
設立:1943年3月8日
本店所在地:神戸市中央区港島4-6
資本金:15億9600万円
決算期:3月
持株比率:川崎汽船100%
従業員数:277名
売上高:151億円

シーゲートコーポレーション
設立:1956年12月7日
本店所在地:広島市南区出島2-22-37
資本金:2億7000万円
決算期:3月
持株比率:川崎汽船100%
従業員数:265人
売上高:75億円

最新ニュース

物流用語集