三井不動産、大林組/資材の自動搬送システム開発、物流施設建設で実験

2018年12月21日 

三井不動産と大林組は12月21日、建設現場での生産性の向上を図るため、共同で資材等の自動搬送システムの開発に着手したと発表した。

<自動搬送システム>
自動搬送システム

<低床式AGVとセンサー・カメラ>
低床式AGVとセンサー・カメラ

<専用パレット>
専用パレット

<レーザーセンサーによる周辺環境の認識>
レーザーセンサーによる周辺環境の認識

現在は、試作機の製作および動作確認が完了し、2019年より、三井不動産が建築主で大林組が施工する三井不動産ロジスティクスパーク船橋II新築工事において実証実験を予定している。

自動搬送システムは、大林組が開発した低床式AGV(Auto Guided Vehicle)をベースに、各種機能を加え開発したもの。

このAGVは自動で識別した資材パレットの下に潜り込み、荷物を積載、レーザーセンサーによって周囲環境と自己位置を認識し資材ヤードから資材の目的地まで搬送し、目的地にて荷下ろしする。従来の自動運転で必要であった、誘導線や磁気テープによる軌道の設定が不要だ。

オペレータと交信することでAGV自ら仮設エレベータを呼出し、建物内の上下移動を実現。同一階での水平移動は AGV が自動で行うため、仮設エレベータのオペレータ 1名で、複数の AGV と交信しての資材搬送が可能だ。

また、AGVは仮設資材を積載した状態で、仮設エレベータに自動で乗り降りできる。機能を合わせることで建設現場内を自動で走行し、資材を搬送するシステムを実現した。

なお、建設現場では、少子高齢化に伴う建設作業員の減少を見据えた対応が課題となっている。大林組は作業員が技能や熟練を必要とする加工・取付け作業に集中できるように、資材搬送作業の自動化を進めてきた。

三井不動産としても、まちづくりを担う立場として、この課題に工事施工者と協力して取り組む必要があると考えている。そこで、建設現場の省人化に寄与するロボットの開発と建設現場への導入を推進する中で、今回の2社共同開発に至ったもの。

最新ニュース