シッピーノ/Amazon販売事業者向けソフトウェアの開発プログラムに参加

2018年12月21日 

シッピーノは12月21日、米国Amazon.comが主催するAmazon Marketplace Developer Councilのメンバーに参加すると発表した。

Amazon Marketplace Developer Councilは、Amazon Marketplace Web Service(MWS)経由でAmazonと連携する、Amazon販売事業者向けのソフトウェアデベロッパーを招待するプログラム。参加することで、MWS API(Application Programming Interface)の将来的な開発のためのロードマップや、優先順位に関するフィードバックを、直接Amazonに提供できるようになる。

<自動出荷サービス「シッピーノ」>
自動出荷サービス「シッピーノ」

シッピーノが提供しているECの出荷業務自動化サービス「シッピーノ」は、累計1000店舗以上でのFBA(フルフィルメント by Amazon)マルチチャネルサービスでのMWS API利用実績があり、その実績を生かしてFBAを利用するAmazon販売事業者のより良いユーザー体験をつくるため、Amazon Marketplace Developer Councilへの参加を決めた。

最新ニュース

物流用語集