首都高/防災科学技術研究所と連携協定、防災から物流も展開

2018年12月20日 

首都高速道路は12月19日、国立研究開発法人防災科学技術研究所と連携に関する協定を締結したと発表した。

<今後想定される取り組み>
今後想定される取り組み

協定の締結により、積雪・凍結対策や大雨・強風対策及び地震防災の充実、気象予測精度の向上、首都高をフィールドとした実証等、両者で協力し、課題解決や共同研究開発を進めていく。

連携事項は、研究開発・データ連携で人的交流を図り、研究成果の社会への普及・活用の推進、災害時における相互協力等を行う。

今後想定される取り組みには、データの連携・活用では、道路気象情報による物流ルートの早期把握、技術や予測精度向上等の技術開発により、物流等、他分野への展開を図るとしている。

最新ニュース

物流用語集