日立物流/千葉県に最新設備の物流センターを本格稼働、拠点集約

2018年12月19日 

日立物流は12月19日、千葉県柏市に「柏プラットフォームセンター」を開設し、12 月17日より本格稼働したと発表した。

<柏プラットフォームセンター外観>
柏プラットフォームセンター外観

<ピース順立機>
ピース順立機

<パレット式自動保管システム>
パレット式自動保管システム

<フォークリフト用ドラレコ>
フォークリフト用ドラレコ

このセンターは、スポーツ&シューズプラットフォームタウン構想のもと、千葉県東葛地区に集中しているスポーツ用品およびシューズを取り扱う顧客の拠点を集約し、効率の最大化を実現するもの。

8月に稼働し、省人化・省スペース化を図るためのピース順立機やパレット式自動保管システムなど設備の導入を段階的に進めてきた。また、フォークリフト用ドライブレコーダーや全方位カメラ等の先端安全テクノロジーの実装や、現場作業と人員の適正化を図るため、WVS (Warehouse Visualized System: 現場見える化システム)も導入している。

さらに、センターの一部区画を佐川急便の荷捌き拠点として共同活用することにより、ロジスティクスとデリバリーが融合した新たなソリューション提案を可能としている。

■物流センターの概要
名称:柏プラットフォームセンター
所在地:千葉県柏市新十余二7-1
アクセス:常磐自動車道柏ICより約1.5km、
     つくばエクスプレス:柏たなか駅より約2km
建屋仕様:地上5階建 鉄骨造一部鉄筋コンクリート造
延床面積:約11万7000m2
主要設備携帯:空調設備、垂直搬送機、貨物用EV、セキュリティカメラ

最新ニュース